はれあたまダイアリー

とにかく続けるよ

閉塞感

今日は気のおけない仲間との

会食会でした。

 

一緒に過ごした人が緩んでくれたらいいなと思う。

 

ときどき「わあーっ」と叫びたいような

気持ちになる。

 

コロナ以降

自分もどのくらいの自己規制をしたらいいのか

分からない状態が続く。

わあーっだよ。

 

 

 

茶番

桜を見る会前夜祭の

安倍の後援会主催懇親会問題がやっと再燃している。

 

ホテルニューオータニで1人5000円で

後援会がタッチしてないなんて

明らかにおかしな言い訳だったのに

時間を過ごして国会を通っていった。

 

辻本清美参議院議員がこれだけ追い詰めてるのに

世の中はまともに注目もせず

見過ごしてきた。

 

www.kiyomi.gr.jp

これまでどれだけ裏切られてきただろう。

明らかにおかしいことが見過ごされてきた。

最高裁だってすでに安倍路線内閣の手の内に落ちている。

検察は安倍を追い詰めないし

秘書を逮捕するぐらいで

終わっていくんだろう。

 

絶望しかない。

 

今日の夜7時NHKトップニュースは

gotoの札幌大坂の取り止めについて。

国が地方自治体の首長に判断を任せて

ずるずるはっきりしない。

大阪札幌は受け入れはgotoがないかもしれないが

そこから出ていく人の規制は何もなく

いったいどこが対策になっているのか

まして東京飛ばされてるし。

非科学が日本を覆う。

 

この安倍問題は

もうニュースが終わる時間ぐらいのところで

ほんの少し事実関係を言っただけだ。

これだけの問題をまともに騒がない。

 

終わってる。

この国 終わってるんですよ。

びくびくの12月

砺波市のコロナ患者が

感染経路不明の方がいらっしゃらなくて

少しホッとしてます。

 

今のところ

年末にかけて

4つの忘年会があります。

にぎやか好きですので

参加することにしてますが

今後のことが気になります。

 

中国は人権的には問題のある国ですが

ことコロナに関しては日本とは異次元の対応です。

30人のクラスターが出た都市を

訪れた人も含めて

26万人を1週間で全員をPCR検査するのです。

 

感染者が少ない時に

そういう対策が取られていたら

今頃ほんとうのGOTOを楽しめていたのに。

 

残念です。

 

砺波市に出る

今まで安穏と暮らしていたけど

砺波市に3名の

コロナ感染者が出た。

 

神奈川県の濃厚接触者関連が2名ということで

感染経路が不明というよりいいけど

 

ずっと緩んだ暮らしをしていたので

砺波市に出たとなれば

また

あの4月5月の緊張感を取り戻さなければならないと思うとつらい。

夕飯前の報道で

娘が来て一緒に食べた鍋も

余り喉が通らなかった。

 

県での取り組みはあるけど

国の政策は皆無と言っていい。

 

PCR検査は値段が高く

世界に逆行して未だに十分に受けられない。

値段も高い。

 

国に殺される。

 

布マスクはポーズでするときはいいけど

ほんとに防ぎたいときは不織布マスクで。

 

シールドとかダメみたい。

 

基本は不織布マスク

 

今はネットで安く売ってますよ。

 

とか何とか言っているが

コロナはつらい。

つらいです。

 

世間

娘が「明日行く」とラインくれたのに

今日と勘違いして

刺身を買ってきたり鍋の準備をして待っていて

7時を過ぎても来ないので電話したら

「明日だって書いたよ」と言われ

刺身買っちゃったよ

と言ったところ

それでは行きますと

8時20分ごろについて

2時間ぐらいご飯食べたりテレビ見たりして

帰っていった。

自分たちだけならこれで幸せなんだけど

先のこととか

世間と比べると

ため息が出てしまう。

 

この間

鶴瓶の家族に乾杯を見ていたら

3世代だか4世代だか

一緒に暮らす幸せそうな家族が映っていた。

それを見てたら

気分が悪くなってきた。

なんかそういうの

今は見たくない。

見たくないけど

ドラマって男女が結ばれるところにあるので

作り物のドラマでも

ドキュメントでも

多いんだよね~。

見たくなくなってから気付く。

 

世間と比較しなけりゃそれでいいんだけど

それがむずかしい。

敬老会の練習

今日は敬老会に向けての女性の会の練習最終日。

 

ああ、こんなばかばかしいことを

やってもらえるなんて

本当に心から嬉しい。

 

城端は2年前まで全地区の敬老会を合同でやっていて

婦人会の出し物が恒例になっていたが

それがなくなって

5地区各地区での敬老会開催となり

婦人会の出し物はなくなってしまった。

 

唯一

蓑谷地区だけが

女性の会での

敬老会の出し物を続けています。

 

それは

センター長の梅原さんが

元々いろんなことにやる気があるのと

このところ演出を担当している私も

何かやりたい気持ちがあるのと

 

女性の会の皆さんが

いやと言わないこと。

 

何よりも女性の会の皆さんが

引き受けてくれること。

すごい。

ほんとうれしい。

 

練習のビデオを見ていて涙が出てくる。